看護師を諦める

私は幼い頃の怪我の後遺症で、片目が見えません。
ですが、慣れというものはすごいですよ。
片目だけでも今では何も違和感を感じないで生活ができているのですから。
中学のときに看護師の皆さんによくしてもらったことがきっかけで、自分も看護師になって人のために生きていきたいと考えるようになりました。
しかし高校のときの進路相談で、この片目だけということが仕事の障害になってきたらどうするんだと・・・
担任の先生は、目が見えないことによって感覚が人とはちがうから間違って患者になにかあったら、責任がとれるのかと私に聞きました。
正直なところ、まさか先生にそんなきついことを言われるとは思ってもいませんでした。
そこでハッと思ったのです。
私は障害者だから、看護師なんていうものにはなれないんだと・・
今は違う職業に就いてはたらいていますが、心の中には看護師になりたいという思いは完全には消えないで残っています。
ただ、自分のせいで何かあったときのことを考えるととても怖くなるのは本当の気持ちです。
先生の言うとおりなのかもしれないですよね・・

<リンク>看護師が年収をアップさせる方法マニュアル

コメントは受け付けていません。