ものづくりの現場に携われるマーチャンダイザーの求人

《企業によって方針が違うので要注意》

マーチャンダイザーは基本的にブランディングに責任を持ち、ものづくり系職種のトップとして生産の指揮をすることが多いポジションですが、会社によってはものづくりと数値分析を分けて考える場合もあるので、ものづくりにしっかり携わりたいと考えている場合は応募段階でエージェントや内情に詳しい知り合いに確認するなどリサーチをしておいた方が良いでしょう。

ものづくり関連の業務と数値分析や営業系の業務をはっきり分ける会社の場合、デザイナー側に会社の重鎮や古株が居て、ものづくりの決裁権を持っていることが往々にしてあります。その場合、中途入社のマーチャンダイザーは仮にモノづくり系部署の所属になったとしてもデザインに口を出せず、数値分析と資料作りばかりをさせられる可能性もあります。

この、ものづくりチームに客観的な意見や指示が出せるかどうかはブランディングに大きく関わる問題で、マーチャンダイザーとしてブランドの舵取りをしたいと考えている人にとって強いストレスとなりますので、入ってからこんなはずではなかった、ということにならないよう注意が必要です。

《業種に関わらず生産系経験者が有利》

デザインやものづくりにしっかり携われるマーチャンダイザーへの転職のルートとしては言わずもがな、生産系職種を経験している人が有利です。

業種では製造小売りメーカーでオリジナルデザインの商品を扱うブランドは、比較的ものづくりの知識や経験が豊富なマーチャンダイザーが喜ばれる傾向にあります。

デザイナー出身者やデザイン系職種にはならなかったが学歴上服飾やデザイン関係の専門学校を卒業している、また営業よりは生産管理や品質管理を経てマーチャンダイザーになった人の方がやはりモノの知識があり、決裁を任せられると判断されやすいでしょう。

有利なのはメーカーや商社への顔の広さや、知識の基盤があるためデザイナー任せ、メーカー任せにせず交渉を進めやすいといった理由です。

ただし、詳しいだけについつい口出しが多くなり、逆に社内のデザイナーから反発を受ける可能性もありますので、マーチャンダイザーとしての役割に偏りが出ないよう注意が必要です。

《数値分析能力は必須》 ※女子の派遣秘書には不要・・・w

マーチャンダイジングは業務内容が幅広いだけに、同じマーチャンダイザーでもそれぞれ得意分野や関心の高いことが異なり、それが強みとなるため、自分の強みと会社・ブランドが求めるものが一致していれば仕事にやりがいも感じやすくなるでしょう。

ただし、デザインや生産に関わることがどんなに得意でも、マーチャンダイザーとしての仕事に欠かせないのは数値分析能力です。ここが欠けているとどんなに素晴らしい商品を開発しても、売れる価格で適正な数量を生産し、納期通りに発売し売上最大化に導くことは困難です。この点はどんな会社・ブランドでも必要な要素ですので、面接や職務経歴書でも、ものづくりへの情熱や知識ばかりをアピールするのではなく、現職までに培った数値実績は確実に答えられるようにしておきましょう。

コメントは受け付けていません。