どちらに非があるのか

どちらに非があるのか。
家族間のトラブルもそうですけど、こういうのってよくありますよね。
不備があったときのクレームも、概要だけ聞くのと当事者では全然違いますよ。
日頃から企業の揚げ足をとるようなことをしていたクレーマーだったとしたら、もちろんその人が悪い。
本当に善良な市民で不備の連絡をしただけなのに、悪質なクレーマー扱いをする企業だったらそちらが悪い。
大きな企業であればクレームに対して誠心誠意つくすよりも、もうかかわりを持たないようにさせるような対応をするマニュアルもあるようです。
でも今はネットの力で情報が出てしまいますからね。
そうすると企業が悪いとなりがちですけど、やはりケースバイケースです。
情報に踊らされないようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。