潔白であるという証明

昭和から平成になるときにはもちろん生きていましたが、子供だったので当時の混乱ぶりとかは全く覚えていません。
元号決定に関わる有識者からの情報もれを防ぐために部屋から出ないようにさせるとか携帯を預かるなどするみたいですね。
もらすことを前提の決め事として拒否する人もいるようです。
確かに疑ってかかっているのはわかります。
でもさ、発表前にもれてしまった場合に、自分は潔白であるという証明にもなるじゃないですか。
自分はいう通りにした方がいいと思います。
あと元号の予想とかかなり報道されているけど、そんなことしなきゃいいのに。
そもそもかぶったら変更するって言われてません?
当たったら凄いけど、そんなものを目指すべきじゃないです。

普段から食料品を買わない人

母方のお祝い事があって、母のみ一週間帰省しています。
父親と二人きりだと面倒をみなければいけないという事もあり、不満ですけどお祝い事なのに嫌だとも言えず。
その成果、いつもはないのに腹痛とかあるからこれってストレスですかね。
一週間に一回、コープの配達があるんです。
そこで毎週頼んでいる食材があります。
それはハムです。
そんなことくらい知っていると思ったら、ハムがくる日にハムを買ってくる父親・・・
これだから普段から食料品を買わない人はさ・・・
とあきれました。
おかげでもともと開封していないハムがあったのも重なって、4パックもあるんですよ。
しかも賞味期限が長くない。
まったく、買い物をしない人って駄目ですね。

売れ残るとしか思えないもの

「おしゃれ」ってなんなんでしょうか。
なんて思ってしまったことがあります。
背が小さい人のためのテーパードパンツ、なる特集があったんですよ。
見てみたら、子供にしか見えない女性が写っていました。
幅のあるパンツをはいてさまになるのはごく一部だと思いますよ。
ただでさえ足が短いのに凹凸のない、だぼっとしたパンツを履いたら寸胴にしか見えません。
上をすっきりしたコーディネートにするにしても限度があります。
流行があったとしてもそれを着用するかしないかは本人まかせです。
流行っていたとしても似合わない人がいっぱいいるのに、何故メーカーも売ろうとするんですかね。
売れ残るとしか思えないものがっかりで驚きました。
ちなみに外出先でそんな人達は見たことがありません。

印象的な言葉

印象的な言葉があります。
[悪気がないとは「善悪の判断がつかない」ということです]
誰かに対して愚痴があるとき、でもあの人にも良いところがあるし、悪気があって言ったわけじゃないと思うことがあります。
そう。悪気はないんですよ。
悪気はないけど、目につく態度や言動がある。
そういう人ってまわりにけっこういませんか?
ただ、フォローのつもりで思ってはいたけれど「善悪の判断がつかない」というのは目から鱗です。
そういわれてみればそうですよね。
悪いと思っていないから出てしまう行動に、悪気はない、つまり悪い事だと判断ができないということですからね。
悪気はないというのは全く良いことではなく、その人自体への見かたを変えるべき要素だと気が付きました。

生きていくのにはお金がかかる

生きていくのにはお金がかかる。
贅沢な料理を食べるわけでもなく、高級バッグやブランドものに目がいくわけでもなく、流行も追っていないし強烈に応援している芸能人もアスリートもいない。
[自分]以外に使うお金なんてほとんどないのに、お金がない。
まあ、収入が少ないのだから貯金が少ないのは仕方がないとして。
なんでこんなにお金がかかるんですかね。
おそらくもっと節約しようと思えば出来るんでしょう。
たとえば食費です。
高級食材や天然ものなど買わなくても、冬になると寒いのでランチで食べるスープとかインスタントとか買ってしまうとか。
ついつい買ってしまう食材があるからでしょう。
でも、一般庶民としてそれくらいよくないですか?と逆切れもしてみる・・・。

飲酒して酩酊

飲酒して酩酊していたので覚えていません。
そんなものは全く言い訳にもありません。
石川県の町議会議員が、酔った上に店員の19歳女性をさわりセクハラ。
一緒に飲んでいた人達に指摘されたら、泣き出して見せのガスメーターを破壊って意味不明です。
とりあえず、一緒にいた人はまともな人達で良かったってことくらいしか明るい話題はありませんね。
ガスメーターを壊されて1時間以上も営業が出来なかったお店の損害も、修理代ももちろんですけど女性に対してもちゃんと謝罪したのでしょうか。
セクハラは駄目だけどそれ以上に叱咤されて泣きだす40代。
妻子ありの町議会議員ってどんだけ情けない人なんでしょうか。
お酒とうまく付き合えない人のことは信用もできないし嫌ですね。

基本的にはネット通販ばかり

基本的にはネット通販でばかり購入しているのですが、
もう今月は何も買わないで生きていけるだろう
と思っていたのに、またまた注文することになってしまいました。
だって今日、スーパーに行ったら売り切れていてドラッグストアに行ったのになかったんですよ。
それでなんとなくネットで見てみたら、ネット上にはあるじゃないですか!
しかし、私が一番欲しいものは残り1つだったんです。
そうなったら速攻でポチる以外になにがあるんでしょうか。
だだしポイントが倍増になるのは次の日なんです。
いつもは日にちをまたぐまで起きてはいないけれど、仕方がないのでそれはまとうと思います。
でもたった数十円のことなんですよね。
自分の睡眠時間と数十円をはかりにかけたら、お金よりも睡眠かな。

日本初のピザ自販機

広島に日本初のピザ自販機が出来たとテレビでもネットでも話題になっていますね。
チーズはとろとろ、具材はイタリア産、生地も職人が作ったものということでかなりこだわっているようです。
24時間購入可能で一日多いときで150枚も売れているってすごいですね。
イタリアで作られているピザ自販機で、あちらではよくあるみたいですが初耳でした。
ただ、これは結構すぐに壊れるというか不具合が発生するようで、無人であることが売りの自動販売機なのに呼び出しされてしまうようです。
そうなれば買うことも中止になるわけで・・・。
なんかやっぱり大変みたいですね。(笑)
暑い中で並んでいざ購入!ってなったときに壊れたりしたら嫌だなぁ。
他にも出来るかどうかははこの一台にかかっているのかもしれませんね。

いきなりは買えない

少女、女性向け漫画を立ち読み可能にしたら売り上げが増えた、といのを聞いてそれはそうかもしれないなって思いました。
この漫画が欲しいと思っても、本屋さんにない場合がけっこうあります。
売れ筋というか新しい本じゃないとおいていないことがあるんですよね。
たった一か月前のものでも、置いていないのかその本屋さんで仕入れた分は売り切れてしまったのか・・・。
買うつもりのものがなかったときに、そのまま帰るのはなんだか悔しい。
でもなんでも適当に買えるほどお金があるわけではない。
立ち読みが可能で、何か気に入れば買おうとする人がいたら買いますよ。
そこでも出会いもありますからね。
文庫本小説だとあらすじが後ろにあるけど漫画だとやっぱり中を見ないといきなりは買えないかな。

おとり物件の存在

おとり物件というのをご存知ですか?
テレビやっていてはじめて知りました。
管理している会社が協力して調べていました。
管理会社もおとり物件があることを把握しているそうですよ。
空き室はないと答えたのに客には、「オーナーと電話連絡がとれない」「一昨日は開いていた」と言い訳をする。
一緒に紹介できるものがある、など。
他の業者は、内見も可能と言うわけです。
そこで不動産業者にいってみると
前の入居者が部屋を乱暴に使ったため、審査が厳しくなった
その部屋を諦めさせようとあの手この手で他の物件を紹介します。
物件を探している人からしたら大迷惑ですよね。
代わりに紹介されたものが良いものだということであればいいですけど、そんなこともないでしょう。